デスクワーカー必見!「巻き肩改善」の効果!

こんにちは!新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム&

新宿のボディケアサロンのエイチベース 大森です!

 

「デスクワーカー」の悩みの一つ“巻き肩”

そして放っていたら、肩こり、首こり、腰痛が悪化

なんてことはないですか?

 

呼吸も浅くなるので、

常に疲れが取れないと感じる方もいるかもしれませんね。

本日は、その原因と改善のためのストレッチを紹介致します!

酷くなる前に、ぜひ隙間時間にちょこちょこっと次の二つをやってみて下さいね。

 

肩とは?どんな症状?

巻き肩長は、時間のパソコンやスマートフォンなどの操作で

長時間肩が丸まった姿勢をとることでおこりやすくなります。

 

姿勢をとるためにも、身体はたくさんの筋肉を使っています。

肩が丸まった姿勢では、大胸筋、三角筋前部、小円筋、棘下筋などが

ずっと使われている状態です。

また、バランスをとるため、正しい姿勢では使われているはずの、

広背筋、大円筋、三角筋後部は逆に引っ張られ、緩んでいる状態です。

 

ずっと使われた筋肉は、ストレッチやマッサージで緩め、

逆に緩んでいる筋肉は、使うことでバランスがとれ、

巻き肩の改善に繋がります!

今回は、自宅でも出来るほぐしエクササイズをご紹介致します!

 

肩改善!おススメストレッチ2選

胸筋ほぐし

鎖骨のすぐ下のコリコリとした筋肉を、

反対側の手の指先で円を描くようにほぐす。

そのまま外側にも移動しながら、ひたすらクルクル。

だんだん緩んでくると、肩が後ろに引けるようになります。

 

手のひら外回し

腕を身体の横に伸ばしたら、手のひらを外に回旋。

先ほどほぐした胸の筋肉が伸びて気持ちがいいですよ!

自然と肩甲骨が下がって肩周辺のストレッチにもなります。

 

改善方法はたくさんありますが、簡単な方法からまずはやってみて下さいね。

そして!

そもそも自分は巻き肩なのか?身体の癖はないか?

自分に合ったトレーニングや、ボディケアを知りたいという方は

是非、エイチベースまでご相談下さい!

お待ちしております♪

 

Follow me!