ダイエット中のカロリーの上限とは?体脂肪の減らし方

こんにちは!

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム、エイチベース片岡です。

 

 

今回はパーソナルジムでもよくある疑問についてご説明します。

 

ダイエット中は、どれくらいカロリーを摂ればいいのか?

 

 

何キロカロリーまでなら食べていいかが分かれば、ダイエット中の気が楽になる方も多いですよね♪

そのためにはまずカロリーのバランスについて知っておかなければなりません。

 

 

人間は生きていくために、食べ物を食べます。からだも全て食べ物から日々つくられています。

このようにして食べ物や飲み物で得るエネルギーを摂取エネルギーといいます。

 

一方、生命維持や活動でからだを動かす時に使われるエネルギーのことを消費エネルギーといいます。

 

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうと、使いきれいないエネルギーが脂肪へと変わってしまうので、ダイエット中は、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回らないことが重要です。

 

【ポイント】

体脂肪を減らしたい場合には、摂取エネルギーを減らし、消費エネルギーを増やします。

すると体の中はエネルギー不足の状態になるため、不足分は体脂肪を燃やして補うことになります。

摂取エネルギー+体脂肪の燃焼=消費エネルギーとなり、体脂肪が燃焼する分が体重減っていくという訳です。

 

【1日240kcal減らしていけば…1ヶ月で1kg減量できる!】

 

体脂肪1kgの大部分は中性脂肪。そして2割の水分で構成されています。

水分のエネルギーはゼロ。一方中性脂肪のエネルギーは9kcal。

…とすると体脂肪1kgから水分を引けば、中性脂肪は800g。
800g×9kcal=7,200kcal

1ヶ月で1kg減らすのであれば、7,200kcal÷30日=240kcal

※1日240kcalを食事で減らす、もしくは活動量を増やせば1ヶ月で1kg減るという計算になります。

※240kcalはドーナツ1個分くらいのカロリーとなります。ちなみ毎日ドーナツを食べ続けると…1ヶ月で1kg増えてしまうということになります。

体脂肪1kgを減らすためには7,000kcal~7,200kcalの消費が必要です。
このため1ヶ月で1kg減らすには、1日240kcal減らせばいいことになります。

しかしながら、人間の身体には体の中の環境を一定の状態に保とうとするホメオスタシスという働きがあります。
ホメオスタシスのおかげでいつもより食べ過ぎたり、また食事を抜いても、数日すると体重が元に戻っていたりするんです。

しかし、ほんのちょっとの過食や欠食が習慣となってしまうと…。
残念なことに、その習慣がいつの間にか積もってしまい、脂肪が貯蓄されていたり、体の不調が現れたりします!

ダイエットは継続が何よりも重要です。
まずは1日1日のカロリー収支を意識し、体脂肪1キロ減量を目指しましょう!!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダイエット・短期集中トレーニングならお任せ!マンツーマンで徹底サポート!

〜吉祥寺のパーソナルトレーニングジム〜

H–BASE(エイチベース)

 

無料カウンセリング・体験受付中!

こちらをクリック↓↓

【無料カウンセリング予約】

Hot Pepper Beautyでも掲載中!空き状況はこちらでチェック↓↓

【Hot Pepper Beautyページ】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!