楽して歩いていませんか?ペンギン&モンローウォーキング

どうも!こんにちは!

新宿・吉祥寺・三軒茶屋店のパーソナルトレーニングジム

エイチベースの橋本です。

 

ジメジメとした暑さが続いていますね。

今日から雨予報。少し暑さは落ち着くようですが、

皆様、体調に気を付けて過ごしてくださいね。

 

水分補給と、栄養補給、負けない体力をつけて夏を乗り切りましょう!

 

本日は、最近私が一番真剣にトライしている

「歩き方」についてお話ししたいと思います。

 

楽して歩いていませんか?ペンギン&モンローウォーキング

歩き方、立ち方、座り方

モデルさんや、ステージに立つような人しか教わらないものかも知れません。

 

そして、そのような方たちも含めて、

一から教わるわけでなく、生きるうえで身に着けてきた動作なので、

とても癖の出るものです。

 

例えば誰かに教わったところで、日常に(呼吸と同じくらい)あるので、

無意識だとすぐに癖が戻ってしまうため、

教わるものではない、という方もいます。

 

しかしながら、その繰り返しの多い動作で、

膝の痛み、転倒防止、足のラインの変化まで変えていける

可能性があります。

 

意識出来る範囲で、負担になるわけでないのなら

やってみる価値があると私は思います。

 

骨盤や股関節を意識しよう!

意識しよう!って言われても、

骨盤はまだしも、股関節ってどこですか?

そう思いませんか?私はそうでした!

 

ネットで調べても、色々と出てくるのですが、

私の実感としては、立ち上がって太もも前の丁度下着のラインに

手が当たるように掴みます。

 

そのまま、膝を持ち曲げて、足をグルグル回してみると

ゴリゴリ動く感覚があると思います。

その辺り、思ってもらえると良いと思います!

 

こんな歩き方は避けたい!

歩くとき、骨も関節も総動員!連動しています!

骨盤の回旋から、股関節、膝関節、足関節へと連動しています。

(上半身は、ここではちょっと置いておきます。)

これが一番自然な状態です。

 

腰を横に振る”モンローウォーク”だと、横に力が入る瞬間が生まれるので、

横にある、太ももの外側やお尻のサイドに力が加わるということになります。

”サイドに身体を大きく見せたい”わけでないなら、避けたいですね。

 

”かかと着地だけを意識する”だと、ペタペタと歩く”ペンギンウォーク”

になっているかも知れません。

かかと着地と、そこから着地面をつま先側へ移していく意識があると、

推進力が生まれ、床から押し返されて、

股関節や骨盤の動きをスムーズにしてくれます。

 

なんだかマニアックなお話になってしまいました。

そして、専門の方も多いと思うので、なんだかドキドキ書いていますが、

 

自分の身体をイメージして、動きをイメージして頂けると、

悩んでいた課題が改善できるかも知れません。

 

是非、お試しください(^^)/

 

◆エイチベースでは体験トレーニングを実施しております◆

体験申し込み・お問い合わせ | [パーソナルジムH-BASE] 新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム (h-basefitness.com)

Follow me!