脂肪が気になる20代の方はいませんか?

こんにちは!新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

エイチベースのトレーナー片岡です!

 

20代になりライフスタイルが大きく変化すると、

健康のためにジム通いを考える人は少なくありません。

ファッションを楽しみたくても、体型や脂肪が気になってしまって、

思うように楽しめないという悩みもあるでしょう。

 

そこで今回は、脂肪が気になってオシャレが楽しめない…など、

脂肪が気になる20代の方に、「脂肪」がつく理由や対策法についてお話します。

 

20代前半まで全身に脂肪がつくのは自然なこと

20代といえば、社会に出たり交際範囲が広がったりして、

生活習慣が大きく変化する年代でもありますね。

 

たくさんの人と出会うようになって、ますます自分の体型が気になるという人もいます。

というのも、10代から20代前半は、身体がまだ成長段階にあるため

脂肪がつきやすい年頃でもあるのです。

ですから、この時期に多少ぽっちゃりしているのはごく自然なことなのです。

 

20代後半からは部分的に脂肪がつきやすくなる

20代も半ばを過ぎると、ウエストや二の腕など、部分的に脂肪がつきやすくなります。

女性の場合、アンダーバストも脂肪がつきやすくなる場所です。

 

20代後になると基礎代謝が低下し、さらに運動する機会も少なくなるため、

それまでと同じ食生活ではあっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

 

20代の食事で気を付けたいこと

20代のうちに脂肪体質にならないようにするためには、

まず食習慣に気を付けてみましょう。

 

20代は体力も回復力も高いため、健康に対して危機感を感じにくい年代です。

そのため、つい暴飲暴食をしてしまったり、不規則な生活をおくりがちになったり…。

 

20代の食習慣として、まずは規則正しい時間にきちんと3食

食べることを心がけてみてください。

 

20代は朝食を食べない人が多い年代です。

しかし朝食を抜く習慣は、基礎代謝の低下につながり、太りやすくなってしまいます。

朝食は毎日きちんと食べること、栄養のバランスを考えた食事をとることに

気を付けるだけでも、脂肪はつきにくくなるはずです。

 

20代から脂肪燃焼を意識して

また、ライフスタイルの変化に伴い運動量が減ってしまうのもこの年代の特徴です。

筋肉量を落とさないように適度な筋トレを行いつつ、有酸素運動も始めてみましょう。

ウォーキングや水泳など、自分にあった運動を定期的に行う習慣づけが大切です。

 

まとまって運動する時間が取れないという人は、

できるだけ歩く時間を増やすだけでも効果がありますよ。

 

まとめ

脂肪が気になってオシャレが楽しめない…という方に向けて

20代の「脂肪」についてのアレコレをご紹介しました。

 

20代は、多少ポッチャリしてしまうのは当然のこと。

でも、脂肪体質にならないように運動や食習慣には気を付けましょう。

 

エイチベースでは、効果的な有酸素運動のやり方だけでなく、

あなたにあったトレーニング方法や食事についてのアドバイスも行っています。

 

20代から脂肪が気になる、理想的な体型をキープしたいという方は、

ぜひエイチベースにいらしてみませんか?

女性トレーナーもいますので、安心してあなたにピッタリなトレーニングができますよ。

Follow me!