やけ食いを防ぐ、たった2つの習慣

どうも!こんにちは!

新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

エイチベースの橋本です!

 

昨日の台風の影響か、本日の東京はとても良い天気ですね。

台風8号は関東から東北へ進路を変え、

影響の出ている地域もあると思います。

最小の影響でありますように。

 

さて、気が付けば7月も間もなく終わり、

あっという間に8月を迎えそうです。

 

オリンピック、パラリンピックの開催期間中は、

アスリートの皆さんから、勇気と感動の

おすそ分けを頂こうと思っております。

 

感動した時、気持ちが高まったり、

時には涙が出てくることがあります。

涙を流すこと(感情の涙)はストレス発散に繋がるようです。

※ここでは割愛します!

 

ストレス発散から、今日はこんなお話をしたいと思います!

 

やけ食いを防ぐ、たった2つの習慣

皆さん、ストレス発散って何を思いつきますか?

規制の無い日常であれば、友達に会って話すとか、

カラオケに行って大声で歌うとか、運動をして汗を流すとか、

選択肢は沢山ありました。

 

このコロナ禍でのストレス発散というと、

「食」に走る傾向にある方もいるのではないでしょうか?

けれど、ちょっと待ってください!

その考え、ストレス発散のはずが、後で後悔、、、

新たなストレスを生み出してしまうだけかも、、、

 

ならば、こんな対処方法はいかがでしょうか?

やけ食い・ドカ食いを防ぐ方法

・まず、買わない、家に置かない

 

・「食」以外のストレス発散法を見つける

 

実にシンプルなものなので恐縮ですが、

無ければ、やけ食いできません。

 

そして、ストレス発散とかストレスが溜まるとか言いますが、

そもそも、ストレスは消滅するものではないのかも知れません。

 

一つのネックが消えても、次気になるものが出てきたり、

気にならなかったものが、自身が変わることで気になったり。

 

逆を言えば、ネックであったストレスの原因も、

自身が変わることで「な~んだ、子供だな~、相手にしなければ良し」

と思えたりしませんか??

 

やけ食いやドカ食いで、新たなストレスを生み出すよりかは、

それをかわす、または、気にしない趣味や方法を見つけたほうが、

身体の為にも、良いのかな?と私は思います。

 

考え方の一つ、それもありかなと思ったら、

是非、取り入れて見てください♪

 

 

◆エイチベースでは体験トレーニングを実施しております◆

体験申し込み・お問い合わせ | [パーソナルジムH-BASE] 新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム (h-basefitness.com)

Follow me!