ダイエット時に避けたい「夏バテ」について

どうも!こんにちは!

新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

エイチベースの橋本です!

 

暑い夏ですが、皆様、

最近温かいものは召し上がっていますか?

 

インスタントのお味噌汁でも、コンビニの野菜スープでも

カフェが結構寒くて頼んだホットココアでも、

なんでも良いのですが、温かいものって落ち着きますよね。

 

もちろん、快適な冷房の効いている部屋に限っての話です、、、

夏の暑い日差しの下で食べるなら話は全く変わってきます!

せめて日陰で食べたいですが、、、

 

本日は、夏の暑さが胃腸にもたらす影響について

お話ししたいと思います!

 

夏の暑さがもたらす疲れ「夏バテの正体」

人間の身体は自律神経(交感神経と副交感神経)が、

気温の上昇に応じて血管をひろげて汗とともに熱を逃がし、

気温の低下に合わせて血管を縮めて熱を保つことで

体温を一定に調節しています。

とても精密な機械のような機能ですよね!

 

体温に近い、またはそれ以上の暑さは、

身体にとって大きなストレスとなります。

ストレスはまさに交感神経が優位な状態!

 

それは、同時に消化を促す副交感神経の働きが

抑えられることになります。

交感神経が働きすぎることで消化液の分泌が減り、

胃腸の動きも鈍くなり、食欲不振、胃もたれ、消化不良を起こします。

 

さらに!

気温が高いところから、クーラー効いた涼しいところへ

出たり入ったりすると、身体の体温調節がうまくできなくなります。

オーバーワークになり乱れてしまうのです。

 

さらに!

暑さから、少しでも身体を冷やそうとアイスや冷たいそうめん

氷の入ったコーヒーやジュース等を欲しくなりますよね!

クーラーの効いた部屋で、内からも外からも身体を冷やすことで、

胃腸を冷やしすぎてしまい、機能低下を招きます。

 

トマト、きゅうり、スイカ、冬瓜などの夏に旬を迎える野菜は

暑い季節を乗り切るために、身体を冷やしてくれる味方のような食材ですが、

現代の私たちの生活様式では、やりすぎてしまうことがあるのですね。

 

こんな風に乗り切ろう!

では、クーラーを使わない、なんてことは難しいですし、

それこそ熱中症の危険性がありますので((+_+))

やりすぎを見直しましょう!

 

クーラーの効いた部屋で食事をとれるなら、

身体を温める食事を選んだり、

 

胃腸が疲れてもたれているな~と思ったら、

消化の良いおかゆやスープを選んだり、

 

食欲がなく、そうめん、ざるそば、冷やし中華など

どうしても糖質メインの食事になってしまっていたら、

今日はタンパク質を摂るぞ!

 

のように、ちょっとバランスを考えてみよう♪

工夫をしてみよう♪

くらいでも身体にとっては優しい食事になると思います!

 

是非、お試しください(^^)/

 

◆エイチベースでは体験トレーニングを実施しております◆

体験申し込み・お問い合わせ | [パーソナルジムH-BASE] 新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム (h-basefitness.com)

 

 

Follow me!