お尻トレが必要な理由

どうも!こんにちは!

新宿・吉祥寺・三軒茶屋のパーソナルトレーニングジム

エイチベースの橋本です。

 

本日は良いお天気ですね!

週末の悪天候が気になる為、嵐の前の静けさなのかな

とも思っております。

 

不安に思うところはありますが、無駄に不安になっても仕方ないので、

晴れている時にしっかり日の光を浴びて、元気に過ごしましょう!

 

暑い位の昨日今日は、薄着で過ごした方も多いのではないでしょうか?

まだまだ気の抜けない、身体のライン。

今日は「お尻トレ」についてお話ししたいと思います!

 

お尻トレが必要な理由

トレーニングが一般的になり、

最近ではジャージやレギンスで歩いてる方も良く見かけます。

 

その時、やはり気になるのはお尻。

綺麗なラインだとスポーツウェアでも決まりますが、

そうでないと隠したくなりますよね、、、

 

しかしながら、お尻のラインは変えられるのです!

 

美尻も美脚も筋肉でつくられている

ダイエットのニーズでもよく挙げられる下半身痩せ。

痩せて細くなるだけでは美しいお尻や脚には、

残念ながらなりません。

 

美尻も美脚もバランスよく筋肉をつけることで

形成されてるのです。

 

お尻周りには、様々な筋肉があります。

大殿筋や中殿筋、腸腰筋、

美脚を目指すのなら、内転筋群、大腿四頭筋、ハムストリング

腓腹筋、ヒラメ筋、、、、

 

これをいちいち覚えたり、一つずつ鍛えたり、ストレッチをする

なんてことは気が遠くなりそうなので、

”あ~バランスよく鍛えて、メリハリがつくといいんだな”

と思って頂ければ十分です!

 

なぜ理想のお尻にならないのか

お尻の筋肉が使えず、他の筋肉がその代償をうけているかも!

 

お尻を形作る大殿筋は、

身体の中でもとても大きく、影響力が強い筋肉です。

 

特にトレーニングをしていない方でも、

大殿筋は股関節を伸ばす(伸展)力を発揮して

上半身を倒れないよう支えてくれています。

 

大殿筋がしっかりと力を発揮してくれる為には、

股関節と連携した、骨盤が正常な角度であることが重要です!

 

しかし、現代人は座っている時間がとても長い為、

椅子の背もたれに寄りかかって、作業しているうちに

骨盤の角度が後ろに傾き(後傾)、倒れないように背骨が前に丸まって

歪んだ姿勢になりやすいのです、、、

 

しかも!日本人はより後傾しやすいそうです、、、

 

大殿筋が衰えていると、お尻が垂れるな外見的なマイナスだけでなく、

無理に姿勢を伸ばそうと、背骨で代償し、腰痛を引き起こしたり、

膝の痛みに発展したり、悪循環が起きてしまうのです。

 

ならば!鍛えるしかないですね(^^)/

そして、代わりに頑張って発達してしまった筋肉は緩めましょう♪

 

日常で作っている自身の癖を理解して、

必要な部分に刺激を加えて、メリハリのある美尻&美脚を手に入れましょう!

 

◆エイチベースでは体験トレーニングを実施しております◆

体験申し込み・お問い合わせ | [パーソナルジムH-BASE] 新宿・吉祥寺のパーソナルトレーニングジム (h-basefitness.com)

Follow me!